1. ルネスタジェネリックの通販があったなんて知らなかった!   >  
  2. 睡眠薬を個人輸入する

睡眠薬を個人輸入する

郵便受け

睡眠薬とひとことで言っても、さまざまな種類がありますね。ルネスタと呼ばれる睡眠剤は日本でもよく馴染みのあるお薬ですが、特許が切れたことでジェネリック医薬品もいくつは発売されています。そのなかのひとつが『ルネスタジェネリック』ですが、日本では未だに認可がおりていないがために、国内の病院では処方されず、市販でも販売されていないのです。

ルネスタは2012年に日本の厚生労働省から製造販売承認を得ています。その後にインドで開発されたルネスタジェネリックは未だ未認可であるので、ルネスタジェネリックを服用したいと思っている方は、個人輸入を通して海外から取り寄せる必要があります。

個人輸入では主に英語でメーカーと直接やりとりする必要があり、英語が理解できない方にとってはとても難しい作業ではないでしょうか。また、輸入は慣れない手続きも自分でやらないといけないので、そこで挫折して買いたいものを買わない方も少なくありません。

そこで便利なのが、医薬品の個人輸入を代行してくれる業者に依頼することです。外国語でのやりとりや難しい輸入手続きなど、すべてを代行してくれる業者がいるのですが、彼らが運営している通販サイトから注文・購入手続きを行えば、あとは業者がメーカーとやりとりしてくれるので大変便利なのです。

個人輸入でお薬を入手するのは危ないのではないかと心配するかもしれませんが、信頼性の高い通販サイトで取引すれば、安全に薬を手に入れることができるでしょう。また、個人輸入だと病院へ行って処方せんをもらってくる必要がないので、時間を節約することもできます。ただし、海外からの発送なのでお届けまでに2週間程度かかるようです。